• イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像

土地家屋調査士について

登記所(法務局)の登記簿には土地と建物があり、
その内容は大きく分けて「表題部」と「権利部」がございます。
「権利部」は所有権に関する事項等が記載されています。
こちらの登記を行うのが司法書士さんです。
次に「表題部」です。こちらに記載されているのは土地でしたら
所在・地番・地目・地積 等が記載されています。
建物は、所在地番・種類・構造・床面積 等が記載されています。
土地家屋調査士はこの「表題部」の記載に変更(地目変更登記等)が
あった場合や土地や建物を測量し違い(更正登記)があった場合等に
依頼を受け登記申請を行います。
その他にも沢山の登記が有りますのでお気軽にお電話ください。

また、登記以外にもこんな業務がございます。自分の土地の境界が解らないから調べてほしい。建物を建てたいので土地を測量してほしい。隣の人から境界がおかしいと言われた。隣の建物の屋根が自分の土地に越境しているみたい。等々、トラブルになる前になんでもご相談ください。
土地家屋調査士とは
ページ上部へ